2in1法 解説

2022-09-15

オンラインカジノ初心者にわかりやすく解説!

何度も負けて、気づいたら大敗していた。 今回は、オンラインカジノ初心者のために、その攻略法の一つである「2in1法」をわかりやすく教えたいと思います。

2in1方式とは? 負けず嫌いの初心者におすすめ!「匠の技」講座

前記2in1方式はバックロス型であり、リスクを抑えながら損失を補填するものである。

この戦略は、2試合連続で負けたときに使える。 基本的には、メモに数字を書きながらゲームを進めていきましょう。

では、どのように説明するかというと

2回連続で負けた場合は、数字(1 1)を入力し、足した数字(この場合は2)を賭けます。

4ゲーム目に勝ったら、1を両方削除して、そこからリセットしてください。

4ゲーム目で負けた場合は、(1、1、2)と書いて、前の数字(1、1)の末尾の合計(この場合は2)を賭けます。
5勝すれば、両端の数字を消すことができます。 (この場合、1が残ります)

5ゲームESで負けた場合、(1,1,2)の両端の数字の合計(この場合は3)に賭け、メモに(1,1,2,3)と書く…。

この方法で購入するときは、両端の数字を消してください。 負けた場合は、両端の数字の合計を賭け、その数字をメモの数字の横に書きます。

メモに書かれた数字をすべて消すことができたら、2in1方式のループをリセットしてください。

メモに数字をマークしたらゲームを続行しないと、途中でゲームがややこしくなり、賭けをするときに間違うこともあるので、紙を用意しておきましょう。

の2in1アドバンテージメソッド

次に2in1方式の良さを紹介します。 正しく使えば大きな差が出ますので、その点はご留意ください。

第1回:損失を取り戻すために着実に戦うことができる

マーチンゲール法などの比較的攻撃的な戦術に比べ、ベットサイズが緩やかなため、大きな損失が発生しにくく、着実に回収を目指せます。

第2回:2回連続で負けても、ゼロ勝はできる

その名の通り、連敗して2ドル負けたとしても、3ドル賭ければ±0に戻せるのだ。

第3回:すべての配列を消すことができれば、利益が確定する

負け続けて損失が拡大しても、その後の勝ちの連続をすべて消すことができれば、利益が出る。

2in1方式のデメリット

その1:2連敗するまでは使えないrow

ツーインワン方式は2連敗して初めて使える戦術なので、負けが続くシーソーゲームの場合は使えないというデメリットがあります。

だから、使ってしまうと利益が出ない可能性があるので、注意が必要です。

その2:勝ち続けても利益が伸びない

以前にも書きましたが、この2in1方式は損失を補填するための戦略です。

2イン1の連敗は堅実なプレーであり、間違いなく一心不乱に利益を求める人のためのものではありません。

その3:長期戦での取り返しのつかない損失が発生する可能性

この戦略であまりに何度も連続して負けると、損失を取り戻す可能性がなくなってしまうのです。

ゲームが進むにつれて、メモに数字を書き込む時間が長くなると、数字が増え、集めるスピードが遅くなるので、注意が必要です。

2in1方式の使い方をポイント解説!

ここまで、2in1方式のメリットとデメリットを解説してきました。

次に、この戦術をゲームで使う際のポイントについて説明します。

ヒント1:スタート時に高く賭ける

この2in1方式は、1サイクルで成功する確率が比較的高い傾向があるので、最初のベット額を1ドル(1単位)増やすこともお勧めします。 を2ドルに変更しました。

できれば、連勝中やシステムが成功したときに、できるだけ多くの利益を出したいですね。

でも、やっぱり、負け続けているんですよ。 流れを変えられないと、回収できないほど損失が膨らんでしまうので、あらかじめストップアウトのタイミングを決めておくとよいでしょう。

ヒント2:少しでも利益を出して終わりたいときに使う

BR>書き込んだ数字をすべて消し去ることができれば、ごく小さな数字でも利益が出ることが保証されているので、いいところで終わらせたいのであれば、この作戦はお勧めできると思います。

2in1方式の概要

どうですか? この二刀流は、損を早く取り戻したいときにお勧めの戦略です。

また、負け続けてもいきなり負ける額が増えるわけではないので、時間をかけてコンスタントに遊びたいプレイヤーには最適だと思います。

ただし、負ければ負けるほど、覚えなければならない数字が増え、混乱して大変なことになるので、注意が必要です。

たとえ負け組であっても、どこかで勝たなければ、連敗の損失は時間とともに積み重なっていくものです。

損切りのタイミングも重要なので、損切りのルールを決めてその戦略でいきましょう

10%法とは?
10%法とは?前一篇