10ユニット法につく説明

2022-09-15

オンラインカジノを初めて利用される方, オンラインカジノが初めての方は、大負けした後にたくさん賭けて損失を補填することが難しいかもしれません。

今回は、オンラインカジノの攻略法の一つである「10セル法」について解説します。

そのメリット・デメリットや使い方のポイントなどを解説しますので、ぜひ最後までお読みください。

10台法とは?

10ユニット法とは、10ユニットを紙に書き出し、勝ったり負けたりするたびにベット額を調整し、長い目で見てシステムを成功させる戦略である。

まず、10個の数字が紙に書き込まれる。 賭け金は両端の数字の合計(この場合は2ドル)です。

ゲームに勝てば、両端の数字を消すことができます。 ただし、負けた場合は、賭けた金額を数字欄の右側に記入してください。

そこで次のゲームでは、両端が1と2になるので、賭け金は3ドルです。

10個の場合は、勝ったら両端の数字を消し、負けたら負けた分を記入する方法です。

また、この方法は大量の配列を作ることになるので、ペンと紙が必要になりますので、準備しておいてくださいね。

10セル方式のメリット

ここでは、10セル方式のメリットを紹介します。

その1:配列を全部消せば儲かる

10台法は、紙に書かれた数字を全部消せれば儲けものです。

そのため、どのような基準で利益を出しているのかが分かりやすく、途中で賭け方を変えない限り、コンスタントに利益を狙えるのは大きなメリットと言えるでしょう。

その2:連敗してもベット額を増やさない

大きく賭けて連敗を挽回する戦略もありますが、10ユニット法は徐々に賭ける額を増やしていくシステムです。

したがって、気がついたときには、とんでもない損失が発生していることはほとんどありません。

その3: ロングゲームでの優位性

この戦略では、テーブルリミットを多く設定すればするほど、長期戦に持ち込んで勝つことができるようになります。

例えば、ルーレットで進行している場合、「赤か黒か」に賭けます。

100口の資金を用意すれば10口が手に入り、勝率は約85%と言われています。

10台法のデメリット

デメリットも見ておこう。

その1:メモを取る必要がある

記入する数字が多いので、紙とペンを用意し、順番を確認しながらプレイする必要があります。

システムが少し複雑なので、怠け者の人には不利かもしれませんね。

その2:損切りが続くと、損失が爆発的に増える。

段階的に賭け金が増えても、勝ちを積み重ねなければ損失は増え続ける。

また、一勝一敗と違い、10個の数字が順次作成されるため、全滅させない限り、利益を出すのに時間がかかります。.

その3:システムエラーはテーブル制限で捕捉できる

ゲームのリミット額やベット単価を知らないと、テーブルのリミットに達して負けたり、気づかないうちに負け額が増えたりすることがあるのです。

自分で限界を決めて、気づかないうちにやられてしまうのだから、バカバカしい・・・。

10台の使い方を教えてください

次に、10台法を使う際のポイントについて説明します。

ポイントをマスターして、ゲームに活用しよう

第1回:流れが悪くなったら潔く損切りする

負ければ負けるほど、大きな賭けになる。 また、1月の負けを挽回するための必勝法ではないので、流れが悪くなったら潔く負けを止めましょう。

結局、10台法は10状態の配列をすべて消して成功したわけですから、負け続ければ配列はどんどん伸びていきます。

冷静に判断することを心がける。

第2回:可変式(5単位法)を試してみる

10口法ではシステムを成功させるのに時間がかかり、取り返しのつかない損失を出す危険性があるので、口数の少ない5口法でやってみよう。

これは、5つの数字を順番に並べるだけなので、難しいことではありません。

1サイクル成功すると利益は少なくなりますが、3連勝でスタートすればシステムは成功しますので、精神的に余裕を持ってチャレンジできます。

10 ユニットメソッドの概要

調子はどうですか? 10単元法は、着実に利益を追求したい方にお勧めの戦略といえるでしょう。

また、利益の経路や損切りのタイミングも平易に提案します。

メモを取るのが面倒!10単元方式でプラスアルファに挑戦してみよう

ウィナーズ投資法とは?
ウィナーズ投資法とは?前一篇
10%法とは?
10%法とは?次一篇